【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 生活保護で賃貸物件が見つけにくい理由とは?契約のポイントなども解説

生活保護で賃貸物件が見つけにくい理由とは?契約のポイントなども解説

生活保護で賃貸物件が見つけにくい理由とは?契約のポイントなども解説

生活保護受給者にとって困ることのひとつが、住宅探しです。
賃貸物件の際、生活保護受給を理由に断られるケースが多いのは事実ですが、対処法もあります。
そこで今回は、生活保護で賃貸物件が見つけにくい理由と契約のポイント、住宅扶助の制度について解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


生活保護受給者が賃貸物件を見つけにくい理由

生活保護受給者が賃貸物件を見つけにくい理由のひとつとして、家賃滞納や金銭トラブルを懸念される点があります。
生活保護は毎月支給されますが、ギャンブルや他の用途で使い込み、家賃が支払われないケースもあります。
以前にそのような経験のある家主はとくに、新たに生活保護受給者と契約することを拒むかもしれません。
また、生活保護受給者が賃貸物件の契約をする際は区役所や市役所とのやりとりが発生します。
そのため、一般的な契約では不要なやりとりが増えることを嫌がる家主もいます。
生活保護受給者は夜型の生活をしていたり、精神疾患を患っていたりするケースもあるため隣人とのトラブルが懸念され、入居を断られる場合もあるでしょう。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

生活保護受給者が賃貸物件を契約する際のポイント

生活保護受給者が賃貸物件を契約するためには、保証会社を利用する方法があります。
万一家賃の滞納が生じても、保証会社を通して支払われる保証があるため、家主にとって契約のハードルが低くなるでしょう。
生活保護を受けている背景を早めに伝えることも、家主に誠実さを示す良い方法です。
病気やケガにより一時的に生活保護を受給している場合は、今後働く予定があることを伝えれば信用を得やすくなります。
契約を断られることを恐れて生活保護受給を隠すのは、入居審査で発覚した際にかえって信頼を落とす行動となるため避けたほうが無難です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

生活保護受給者が受けられる支援「住宅扶助」とは?

生活保護の「住宅扶助(家賃補助)とは、生活保護のうち家賃に充てるために給付される費用のことです。
住宅扶助には地域の等級に応じた金額の上限が決まっており、定められた金額より高い家賃の住宅に住むことはできません。
また、上限より安い家賃の住宅に住んでも、差額が支給されるわけではありません。
さらに、管理費や町内会費などは住宅扶助の枠外となるため、注意が必要です。
車椅子の方の場合は、生活に必要な設備が整っている物件を見つけるのが困難な事情を踏まえて、住宅扶助の特別基準が適用されます。
車椅子で単身の方は、3人世帯と同額である通常の上限の1.3倍まで増額を認められる場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

生活保護受給者が受けられる支援「住宅扶助」とは?

まとめ

生活保護受給者が賃貸物件で断られやすい理由には、家賃滞納や隣人とのトラブルを懸念される点があります。
対処方法としては、保証会社を利用する、受給の背景を説明するなどが挙げられます。
生活保護の受給額のうち住宅扶助は地域によって異なる家賃の上限があるため、前もって確認しておくと良いです。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件における狭小物件とは?メリットや住みやすくする工夫を解説!   記事一覧   賃貸物件の申し込み後にキャンセルは可能?違約金や注意点についてもご紹介|次へ ≫

トップへ戻る