【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の申し込み後にキャンセルは可能?違約金や注意点についてもご紹介

賃貸物件の申し込み後にキャンセルは可能?違約金や注意点についてもご紹介

賃貸物件の申し込み後にキャンセルは可能?違約金や注意点についてもご紹介

賃貸物件の契約を申し込んだら、あとは審査や手続きを経て入居するだけですが、急に都合が悪くなる場合もあるでしょう。
できるだけトラブルなく事態を解決するためにも、入居の取り止めは問題になるかどうかなどをまず確認したいところです。
そこで今回は、賃貸物件は申し込み後でもキャンセルできるのかにくわえ、違約金や注意点についてもご紹介します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件の申し込み後にもキャンセルは可能?

賃貸物件への入居は、申し込み後や審査後でも基本的にキャンセルが可能です。
賃貸物件を正式に借りるまでにはさまざまなハードルがあり、審査に落ちて部屋を借りられないケースも少なくありません。
たとえ審査を通過しても、物件に関する重要事項を伝えられた段階で希望に合わないことが判明し、入居が中止になる場合もあります。
契約前の段階では、借主と大家さんとの間で入居の合意がまだ形成されておらず、借主からキャンセルしてもとくに問題ありません。
ただし、審査を通過した時点で入居に関する合意ができたとみなし、無条件でのキャンセルができなくなるケースも一部見られるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の申し込み後にキャンセル!違約金はかかる?

入居の申し込み後でも、まだ正式に契約を結んでいない段階なら、キャンセルしても違約金は発生しないものです。
違約金は、借主と大家さんとの間で正式に合意が形成されたあとで入居を取り止めたときにかかるもので、契約締結後のキャンセルでは発生する場合があります。
契約が成立していない段階ならキャンセルがまだ可能であるため、違約金もかかりません。
なお、契約の意思を示すための預かり金は、その名のとおり、契約締結までの間に預けておくだけのお金であり、キャンセル時には全額返金されます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の申し込み後にキャンセルするときの注意点

入居をキャンセルしたいときは、手続きの窓口となっている不動産会社まで、できるだけ早く連絡する点が大事です。
次に、一定期間内なら一度結んだ契約を無条件で解消できるクーリングオフは、賃貸物件の契約には適用されません。
すでに契約の締結が終わっている場合は、違約金がかかりやすく、キャンセルの判断は慎重におこないたいところです。
このほか、申し込みの時点で設備の変更などを交渉しており、要望が聞き入れられてから入居をキャンセルすると、損害賠償の対象となる場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の申し込み後にキャンセルするときの注意点

まとめ

賃貸物件は、申し込みや審査が終わっても、借主と大家さんの間で入居の合意はまだ形成されていないため、キャンセルは基本的に可能です。
違約金はとくにかからず、事前に支払っている預かり金はすべて返金されます。
キャンセル時の注意点は、手続きの窓口となっている不動産会社まで、できるだけ早く連絡することなどです。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|生活保護で賃貸物件が見つけにくい理由とは?契約のポイントなども解説   記事一覧   賃貸物件におけるフローリングの黒ずみの掃除方法は?予防策も解説|次へ ≫

トップへ戻る