【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件におけるフローリングの黒ずみの掃除方法は?予防策も解説

賃貸物件におけるフローリングの黒ずみの掃除方法は?予防策も解説

賃貸物件におけるフローリングの黒ずみの掃除方法は?予防策も解説

賃貸物件で暮らしていると、キッチンや水回りなどさまざまな場所に汚れが蓄積します。
退去時には修繕費用を負担しなければならないケースもあることから、こうした汚れを掃除する日頃の心がけは大切です。
そこで今回は、悩みの種になりやすいフローリングの黒ずみについて、原因・掃除方法・予防策を解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件のフローリングに黒ずみが発生する原因

賃貸物件のフローリングがいつの間にか黒ずんでしまう原因として挙げられるのは、素足が触れる際に付着する皮脂による汚れです。
また、場所によっては食事や調理による汚れが影響することもあり、こうした食べ物の油汚れも黒ずみの原因になります。
さらに、窓の近くなど湿気の多い場所では、カビが原因の黒ずみも多く見られます。
このほかにも、フローリング掃除の際に使用するワックスの劣化が原因で、ワックスがはがれた場所が黒ずんでしまうことも珍しくありません。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件でフローリングの黒ずみを解消する掃除方法

日常的な軽い汚れに対しては、中性洗剤で拭き取るのがおすすめです。
中性洗剤はフローリングのワックスを落としてしまうことがないため、アフターメンテナンスも不要です。
とくに、フローリング専用の中性洗剤だと、汚れを落としながら適度なつやも与えてくれます。
また、皮脂や油汚れが気になる場合には、アルカリ性洗剤を使用してみてください。
アルカリ性洗剤のなかには、家中の窓や家具などに使えるものも多いため、1本持っていればさまざまな場所に使えます。
ただし、アルカリ性洗剤はワックスを落としてしまうこともあることから、注意が必要です。
このほかにも、重曹やセスキ炭酸ソーダをアルカリ性洗剤の代わりに使用すれば、環境にやさしく汚れを落とせます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件でフローリングの黒ずみを予防する方法

黒ずみの原因となる皮脂や汚れからフローリングを守るには、定期的にワックスを塗り直すのがおすすめです。
ただし、お部屋のルールとしてワックスの使用に制限がもうけられているケースもあるため、事前に賃貸借契約書をチェックすることが大切です。
また、汚れがフローリングに直接付着しないように、床マットを敷くことも黒ずみの予防策になります。
布製の床マットは湿気が溜まりやすくカビが発生しやすくなることから、定期的な洗濯は必要です。
さらに、梅雨の時期や窓が結露する季節には、エアコンのドライ機能を上手に活用して、室内の湿度管理をおこなうことも大切です。
とくに結露の激しい季節には、アルコールスプレーを使ってカビの発生を抑えてみてください。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件でフローリングの黒ずみを予防する方法

まとめ

賃貸物件で発生しやすいフローリングに黒ずみは、皮脂・カビ・ワックスの劣化などが原因です。
フローリングを掃除する場合、軽い汚れは中性洗剤を使い、皮脂などにはアルカリ性洗剤や重曹を使うのがおすすめです。
定期的なワックスがけや床マットの使用、室内の湿度管理をおこなうことなどしてフローリングの黒ずみ予防ができます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件の申し込み後にキャンセルは可能?違約金や注意点についてもご紹介   記事一覧   賃貸物件でも火災報知器の設置は必要?設置しないリスクも解説|次へ ≫

トップへ戻る