【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > アパートの換気扇を24時間つけたままにするときの電気代や節約方法を説明

アパートの換気扇を24時間つけたままにするときの電気代や節約方法を説明

アパートの換気扇を24時間つけたままにするときの電気代や節約方法を説明

アパートのにおいや湿気を取り除くのを目的に、換気扇を常時つけたままにしているケースが考えられます。
つけっぱなしにして大家さんから注意されないか心配したり、電気料金が気になったりしている方がいるかもしれません。
この記事では、24時間つけっぱなしにするときの電気代や節約方法を説明するので、アパートを借りている方はお役立てください。

AFLOへのお問い合わせはこちら


アパートの換気扇を24時間つけっぱなしにするときの問題点

室内には、居室のほかキッチンやトイレ、浴室などに換気扇が備えられているのが一般的です。
このうち、キッチンには性能の良いものが設置されており、出力が高く、電気使用量は大きくなるタイプです。
ただし、つけたままにしているとエアコンの効きが悪くなる可能性があり、使用方法に注意する必要があります。
一方、他の箇所の換気扇は低出力で電気料金は安く済み、つけたままでも問題ありません。
においを取り除くとともに結露やカビの発生を防止するなどメリットが大きく、大家さんから、つけたままにしてほしいと依頼されるケースもあります。
ただし、わずかではあっても電気代がかかる点には注意してください。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

アパートの換気扇を24時間つけっぱなしにするときの電気代

お風呂に設置されるタイプの消費電力は20ワット前後で、つけたままにしても電気代は1か月で400円弱にしかなりません。
トイレには3ワット前後のものが使われており、1か月で60円ほどです。
キッチンのものは大型の30ワット前後が備えられており、1か月間、使い続けると600円程度がかかります。
なお、24時間換気システムは室内の空気を常に換気する仕組みであり、換気扇とは役割が異なります。
1か月の電気料金が500円ほどになるタイプが、住宅用の標準です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

アパートの換気扇にかかる電気代の節約方法

換気扇をつける場所を閉め切り密室状態をつくると、空気の通り道をひとつに絞って換気でき節約に効果的です。
このため、密室状態をつくるうえで、窓やドアを閉めるのがポイントになります。
エアコンと併用すると空気の循環が促されて冷暖房の効率がアップしますが、エアコンの効きが悪くならないよう換気扇の設定を弱くしておいてください。
また、油やほこりによりフィルターやファンが汚れていると、換気効率が悪くなり余計な電力を消費してしまいます。
取扱説明書などを確認したうえで、定期的な掃除を心がけましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

アパートの換気扇にかかる電気代の節約方法

まとめ

換気扇を24時間つけたままにしておくと、常に換気されてにおいや湿気対策ができるなど室内の維持に役立ちます。
したがって、アパートの大家さんから注意を受ける心配はありません。
ただし、電気代がかかってしまうので、負担を軽減するよう効果的な利用に努めると良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|実家近くの一人暮らしを後悔しない心構え!メリットとデメリットもご説明   記事一覧   同棲するとき「住民票」は移すべき?手続きの流れや世帯主についても解説|次へ ≫

トップへ戻る