【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件に防犯カメラは後付けしても良い?設置可能な防犯グッズもご紹介

賃貸物件に防犯カメラは後付けしても良い?設置可能な防犯グッズもご紹介

賃貸物件に防犯カメラは後付けしても良い?設置可能な防犯グッズもご紹介

「防犯カメラ」が設置されている賃貸物件もありますが、実はそれほど多いわけではありません。
しかし防犯のために「自分で後付けしても良いの?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件に防犯カメラを後付けしても良いのか、玄関やベランダに設置はできるのか、自分で設置できる防犯グッズについて解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


賃貸物件に防犯カメラは後付けしても良い?

結論として、賃貸物件では管理会社や大家さんの許可なしで防犯カメラを設置することはできません。
その理由は、自分で防犯カメラを設置することで他の住人のプライバシーが侵害される可能性があるからです。
過去には、集合住宅に防犯カメラを設置したことでプライバシーの侵害が認められたケースもあります。
防犯カメラが初めから設置されている場合は、防犯目的であることが認識されますが、自ら取り付けた場合はほかの住人からの疑念を招く可能性があるでしょう。
そのため、防犯カメラを設置したい場合は原則として、管理会社や大家さんの許可を得る必要があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

玄関やベランダに防犯カメラは設置できる?

先述したように、賃貸物件で防犯カメラを取り付ける際には許可が必要ですが、この要件は主に「共有部分」に適用されます。
そのため、室内用の防犯カメラであれば設置しても問題が生じる可能性は低いでしょう。
ただし、玄関やベランダから他人の部屋が映り込んでしまう場合には、プライバシーの侵害が懸念されます。
したがって、室内用の防犯カメラを設置する場合でも、他人の部屋が映り込まないように配慮することが重要です。
さらに、壁や天井に穴を開ける必要がある防犯カメラの設置については、賃貸物件では慎重に検討する必要があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

自分で設置できる防犯グッズについて

玄関の外やベランダなど、ほかの住人のプライバシーを侵害する可能性のある場所には防犯カメラを設置することは難しいですが、自分で設置できる防犯グッズもあります。
たとえば、玄関やベランダに人感センサーライトを取り付けることで、異変に気付きやすくなり、不審者対策につながるでしょう。
また、ドアや窓にセンサータイプの防犯ブザーを取り付けることで、空き巣などが侵入した際に周りの住人に気づいてもらいやすくなります。
さらに、ドアスコープから部屋内をのぞき見られる可能性がある場合には、のぞき見防止カバーを設置することでプライバシーを守ることができます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

自分で設置できる防犯グッズについて

まとめ

賃貸物件では、原則として管理会社や大家さんの許可なしで自分で防犯カメラを取り付けることはできません。
ただし室内用であれば設置することができますが、玄関やベランダを移す場合は他の住人の部屋が映らないよう配慮が必要です。
自分で設置可能な防犯グッズには、人感センサーライトやセンサータイプの防犯ブザー、のぞき見防止カバーなどが挙げられます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すならAFLOへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|同棲するとき「住民票」は移すべき?手続きの流れや世帯主についても解説   記事一覧   賃貸物件における敷地内のゴミ置き場とは?種類やルールを解説|次へ ≫

トップへ戻る